シーリング工事

シーリング工事とは

外壁塗装工事の際外せないのが、シーリング(コーキング)部分の工事です。サイディングボードや、ALCパネル、アルミサッシなど部材の継ぎ目を接合する工事です。
シーリングの目的としては、部材の伸縮や、地震の揺れによる部材への影響がでないため、また隙間から雨水が壁内に侵入しないよう施工してあります。
紫外線や雨水等の経年劣化による、ひび割れや、剥離等の診断、状況に応じて安心できるご提案、施工ができます。
リフォームの松もとでは、使用するシーリング材も各種取り揃えております。
長期耐久型ハイクオリティーシーリング材(耐候性能試験結果30年)での施工も可能です。

リフォームの松もとの施工事例

施工1

施工2

施工3

施工4

施工5

施工6

長期耐久型ハイクオリティーシーリング材

長期耐久型ハイクオリティーシーリング材

オートンイクシードは新たに開発した特殊高耐久ポリマー『LSポリマー』を配合することにより、これまでにない耐久性、耐候性を実現した『長寿命シーリング材』です。
新築・リフォーム問わず幅広い用途で、長期にわたり、大切な建物を雨水の侵入から守ります。

シーリング材は『劣化・損傷』します

シーリング材

劣化・損傷に強いシーリング材を選ぶ『性能基準』

劣化現象が同時発生すると損傷は『加速的』に進行。
シーリング材は、想像を超える早さでその『役割』を終えてしまいます。
役割を長く継続させるには、劣化・損傷に強い『耐性』を持つシーリング材を選定することが一番の近道となります。
長期耐久型ハイクオリティーシーリング材

オートン イクシードのメリット

耐久性

耐久性

『耐ムーブメント力』と『接着力』にこだわり、これまでにない圧倒的な「高耐久性」を実現。
これまでクリア不可能と言われていた、過酷な耐久性テスト「圧縮30%↔︎拡大30% 伸縮繰り返し×4,000回」を「3サイクル」(計12,000回)実施。結果は「異常なし」でクリア。

耐候性

耐候性

シーリング材が自然環境から受ける紫外線や熱、水分などの劣化因子に対する体制を耐候性試験器(SWOM)で検証。
人工的に厳しい外部環境を再現し、長時間に渡るテストを実施。
過酷な条件下で「6,000時間」突破という驚異的な「高耐候性」を実証しました。

耐候性能試験結果

二つの「耐性」がバランスよく両立しています

オートンイクシードなら、「超」長期間安心がつづきます。

オートン イクシードなら安心

オートンイクシードなら安心

オートン イクシード注目の『汚れ防止機能』搭載!!

オートンイクシード